『oreRevo 我道杯 2nd』のイベントレポートをお届け!【後編】

『oreRevo 我道杯 2nd』のイベントレポートをお届け!【後編】


「我道杯2ndトーナメント」の結果をお届け!

 

画像の説明

みなさんこんにちは、Bonanzaです。

2019年9月1日(日)に扇町スクエアで開催した「oreRevo PREMIUMCUP 我道杯2nd」のレポートを前回に引き続きお届け!今回の記事では「我道杯トーナメント2nd」について現地で撮影した写真もまじえてお伝えしていきます!
 

予選トーナメント

 
画像の説明予選トーナメントは全4ブロックに分かれての進行となり、ダブルエリミネーション形式(敗者復活戦あり)で各ブロックから上位2名がファイナルトーナメントへ進出出来るルールで実施された。前回はウィナーズファイナル以降のみだったが、今回からは予選1試合目から注目の組み合わせを大和が実況を行いTwitchで配信された。
 
各ブロックの注目選手を一部紹介すると、Aブロックは一部界隈にて本田五神との噂もある「ハーロット」、Bブロックには三重のアルマスベガ使い「よみ」や、普段は実況席に座っている事が多いがグラマスの実力を持ついぶき&ルシアを使う「大和」、Cブロックは名場面のクリップ投稿でお馴染みのブランカ使い「HiFightTH」、そしてDブロックには前回の我道杯覇者であるファン使い「はく」の姿が見られた。

狭き門を抜け予選通過者が決定

 
画像の説明

強豪古豪が犇めく厳しい予選トーナメントを勝ち抜け、8名の予選通過者が決定した!
名前に後ろについている【W側】はウィナーズ抜けを、【L側】はルーザーズ抜けを省略して表記している。どちらで抜けたかはファイナルトーナメントにも影響し、W側の場合は1度負けてもルーザーズへ落ちるだけだがL側の場合は負けは敗退を意味する。

Aブロックは「trashbox[W側]、ハーロット[L側]」
Bブロックは「エスタ[W側]、よみ[L側]」
Cブロックは「HiFightTH[W側]・Jimmy1[L側]」
Dブロックは「ラブレンジ[W側]・はく[L側]」

前回グランドファイナルで接戦を魅せた trashbox と はく の2人は順当に勝ち上がった。
そして多くのキャラクターを高度に扱うエスタの存在と、新キャラ「エドモンド本田」を高いレベルで使いこなすハーロットの存在も見逃せない。
リリースされたばかりのキャラは対策が不十分なプレイヤーも多く、尚且つ高い水準でE.本田を動かすとなれば苦戦は必至である。

特に予選会場で歓声がどよめいたのは「HiFightTH」と「ラブレンジ」がウィナーズ抜けを決めた瞬間だ。HiFightTH はブロック決勝で強豪是空使いでお馴染みのキヨマツを倒して抜けている。そしてラブレンジがブロック決勝で倒したのは前回優勝者である はく だった。この時は背後でベガ立ち観戦するギャラリーも声をあげて試合に熱中していた。

遂に始まるファイナルトーナメント

 
画像の説明

ファイナルトーナメントのウィナーズ第1試合目では trashbox が ラブレンジに勝利、エスタが HiFightTH に勝利し駒を進めた。裏で同時に進行していたルーザーズ側の第1試合では前回覇者の はく がハーロットを、よみ が Jimmy1 を下しルーザーズラウンド2。

ルーザーズの第2試合は両試合共に2-0のスコアで はく が HiFightに勝利、ラブレンジ が よみ に勝利を納めた。続くルーザーズセミファイナルは ブロック決勝で相まみえた はく と ラブレンジ の試合が再び行われたが、ここではラブレンジのファン対策が効果をみせ、2-0で勝利しルーザーズファイナルへ進出。これ以降の全ての試合はなんでもeフェスのステージ上で行われることとなった。

 

いよいよ迫った最終決戦!

 
画像の説明

Mr.CFNとしてオンラインランキングで長年1位を保持し続ける trashbox と 関西最強とも名高い エスタ のカードだ。筆者はお互いどちらのプレイヤーの強さもすぐ近くでずっと見て来たが、正直どちらが勝っても全くおかしくない組み合わせだった。

trashbox の使用キャラは主に「バーディー」と「エド」の2人のキャラクター。対するエスタは過去にリリースされた多くのキャラに加えて、新キャラクターの「ポイズン」まで既に習得していた。多くのキャラクターを使えるというのは、対戦相手に的を絞らせない・有利なキャラをかぶせる事が出来るという戦術的に優位に立てるポイントがある。

2-1のスコアで trashbox が勝ち抜け、グランドファイナルへ進出!続くルーザーズファイナルでは強豪達を薙ぎ倒し這い上がって来た ラブレンジ と エスタの試合が始まった。

しかし、ここでは2-1のスコアで エスタ が自身の強さを見せつけ再び最終試合で trashbox の前に立ち塞がった。ルーザーズ側でグランドファイナルへ進んだ場合は、ルール上まず相手をルーザーズへ落とす必要があるので2本先取を2度勝たなければいけない。

グランドファイナルでは エスタ が1本取ったものの trashbox の安定したプレイにより試合が終了。前回の大会では準優勝という煮え湯を飲んだが、今回ではリベンジを果たし見事 trashbox が「我道杯2nd」の王者に君臨しました!優勝した trashbox選手 には今回ご協賛頂いた「無敵時間」様よりロゴ入りのTシャツを、副賞として優勝盾とオリジナルアケコンボタンが贈呈されました。


投稿日: 2019年11月29日Bonanza